講師紹介

全てのコンサルタントのために。

私のBCGでの8年間の学びのすべてを言語化し、
「考えるエンジン講座」は生まれました。

ごあいさつ

考えるエンジン講座は
世界で私だけ


著書

変える技術、考える技術

著者:高松 智史
出版社 : 実業之日本社 (2021/6/24)
発売日 : 2021/6/24
単行本(ソフトカバー) : 256ページ

変える技術、考える技術

担当プロジェクト

BCG時代

  • 「消費財(含む、ネット企業)」「保険・証券」を軸足に、8年間で、20社ほどの企業のプロジェクトを経験
  •  担当テーマ/案件は「中期経営計画」「事業戦略」に加え、大好きな「人事・組織設計」を中心に従事
  • マネージャー時代のプロジェクトMDは、当時のシニアパートナー「加藤広亮さん」、現BCG日本支社長「佐々木靖さん」、現日本代表「杉田浩章さん」

BCG時代から「考えるエンジン講座」誕生までの歩み

「採用ミス」と言われた1年目

NTTデータから2005年4月にBCGに転職し、2013年6月までの8年間で、アソシエイト、コンサルタント、プロジェクトリーダーを経験しました。
私自身、BCGに入社して、謙遜でもなんでもなく、「順風満帆」とはいきませんでした。最初の1年間は特に、「採用ミス」と言われるほど、パフォーマンスも悪く、立ち上がりに苦労しました。

その中で、出会った師匠がMD(BCG用語ではパートナー)の「加藤広亮さん」。
加藤さんに全てを叩き込んで頂き、その後、現在のBCGジャパンオフィスのヘッドである「佐々木靖さん」、日本代表の「杉田浩章さん」などとプロジェクトをご一緒しました。

そして、偉大なる師匠方からいただいた “叱咤激励” のおかげで、論点思考を中心に戦略思考、コンサルとしての働き方を習得し、マネージャーになる頃には、最高評価の「1」を連続でいただけるまでに成長しました。

だからこそ、「考える力」は “スキル”=後天的に身に付けられると思っております。

その偉大なる師匠方からいただいた数多くの身に余る “叱咤激励” から学んだ全てを詰め込んで誕生したのが「考えるエンジン講座」です。

私の経験から生まれた、唯一無二のこの講座で、それぞれのステージで悩み、苦しんでいるコンサルタントの皆さんの成長に寄与できれば幸いです。

背中を押してほしい方はこの動画を!

考えるエンジン講座って、どんな人が学んでいるの? 高松さんてどんな人?
考えるエンジン講座代表タカマツからのメッセージです。