書籍レビュー

【書評】書くのがしんどい

Vol. 04 書くのがしんどい(竹村俊介)

読書の基本は○○読み。

そうです。正解は“固め”読みです。

と、いうことで。前回の三行で撃つ。に続き、“書く”にまつわる書籍レビューを。

【ご参考】三行で撃つの書評はこちら

え!?前回、“書く“ のが楽しくなります。って言ってたのに、いきなり、しんどくなりました?

って感じていただけると幸いです。

でも、コンサルティングの場面でもこんな事ありません??

まずは、ワード、ワード、ワード。ということで、ひたすらにPCに向かう。も、途中で「ぐぅ・・・」となってしまう。

議事録を書くものの、レビューを受けると。「わかりづらいよね。ここをこうして、、、」と大量の赤ペン先生を入れられて、「ぐぅ・・・」となってしまう。

PJTの息抜きで、有名ツイッタラーのように、ステキな140文字を!と意気込むものの。も、途中で「あんまりおもしろくない・・・」となってしまう。

やっぱり、書くことって “しんどい” ですよね。

タカマツさんみたいに、言語化力にあふれるモノを書きたい! と、夢膨らませた方々は、是非ご一読ください。


書くのがしんどい:目次

本書ですが、目次はこんな構成に。。。

  1. 書くことがなくてしんどい
  2. 伝わらなくてしんどい
  3. 読まれなくてしんどい
  4. つまらなくてしんどい
  5. 続かなくてしんどい
  6. 書けば人生は変わる

やはり、注目すべきは第一章、第四章でしょうか。

CHAPTER1 書くことがなくてしんどい
――書く以前の「取材」と「思考法」

第一章では、書く以前の「取材」と「思考法」ということで、ライティングの前にヒアリングの技術を磨け。

ということで、やはり、質問力について触れられている箇所があります。

やはり、アンテナを高め、対象としている事象へぐぐっとフォーカスしていく事って重要。と度々、染みわたる様に感じるステキな章。

CHAPTER4 つまらなくてしんどい
――商品になる「おもしろい文章」はこうつくる

続いて、第四章。 ここでもでてきました。

「冒頭」で先制パンチを浴びせる

最初のキーメッセージってホントに威力あり。

読み手は誰か?

論点の持ち主は誰なのか?

構造が似たものを探して、引き出しにいれておく。

無理やりにでも、二つ以上の言語をどう使うか?と考えるだけで、思考が回る。

こんな話をスラスラと読めてしまう、良書でした。

あと、中の人としては、これだけ“しんどいよね”ってなった最後の章を以下で〆るのがステキだなぁと感じました。

CHAPTER6 書けば人生は変わる
――「しんどい」の先にある新たな自分

最終章
“こうすれば書くのが楽しくなる。”

新時代になり、コロナ禍で、「書くこと」が増えてきた近頃ですが、コトバで、世の中を0.01ミリでもよくする気持ちをもってやっていきましょう!

“世の中をよくする前に、自分が0.01ミリ変わる” にはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

事前予約はこちらから

と、ここまで書きましたが、実は、動画でもこの本ご紹介しています。
その際の学びの箇所はこちら!!

  • 読書、著者の10年を1500円で知れる
  • 思ったことメモしましょう
  • すべっても誰もみていない(こころの持ち様でかわる)
  • 論理的=わかる
  • 結論は先。(プロみたく話がうまくないから)
  • 便利な7つ道具(シグノのペンが最高)
  • 固有名詞を使いましょう(勝手に人生を歩んでいるから、雰囲気を運んでくれる)

関連動画

最近流行りの、Vlog風。 最初の部分は、本を読んで、メモに落としている感じですが、 後半3分の2はがっつり、語っています。ぜひ。

【コンサルの書評だ!】「書くのがしんどい」(竹村 俊助 さん)を読んで学んだ7つの事!本のサマリ+コンサル学びをどうぞ!

関連記事