Mチャレンジ期

コンサルからコンサル。 「戦略ファーム」への転職について、想うこと。

「戦略案件」をしたい!と想うなら。

僕は常々、こう叫んでいる。

https://www.kanataw-consultant.com/wp-content/uploads/2020/10/_top_03-e1603707806690-300x300.png
タカマツ

「戦略思考」をもって、ITケースをやったら、それは「戦略案件」

https://www.kanataw-consultant.com/wp-content/uploads/2020/10/_top_03-e1603707806690-300x300.png
タカマツ

でも、「中期経営計画」でも、「戦略思考」をもってなければ、「not戦略案件」

だから、「戦略案件」をしたい!と想っているのであれば、まず、「戦略思考」を鍛えて、目の前にある「プロジェクト」で使いまくってほしい。

それを繰り返しているうちに、

https://www.kanataw-consultant.com/wp-content/themes/cure_tcd082/img/common/no_avatar.png

別に、戦略ファームとコンサル界隈が叫んでいるところに行かなくても、よくね?

という、至極全うな感覚を持つことになるだろう。

そのために僕ができることは、こちらにまとめました。

ので、2年かけて、「地味に地道にコツコツと」鍛えてほしい。

”コツコツ” の先に見える景色

昔といっても2019年の話ですが、僕の弟子が、「考えるエンジン講座」から始まる ”最速・最強” コンサルの作り方に則り、鍛えに、鍛えて、アクセンチュアから、BCGに転職した。

彼が戦略コンサルになるまでに歩んだ道を簡単にご紹介すると、


  • 会計士から、アクセンチュアの、当時の呼び名 “MC” に転職。
    その時の転職は、BCG含め、他は全敗。し、アクセンチュアへ。
  • その後、「考えるエンジン講座」を受講し、「最強・最速コンサル」を目指し、オンライン教材(悪魔シリーズ)で徹底的に鍛える。
  • 最速で、アクセンチュアのマネージャーに昇進し、トップ評価ボーナスもゲット。
  • そして、満を持して、戦略ファーム転職を実施し、全勝。
    • それも、ケース面接は圧倒的な高評価で、振り返れば、1次面接で受かっていた印象。

詳しくはこちら


僕は、これが「気持ちよく」、皆さんが各々思う「行きたい」「あこがれる」コンサルファームへの転職方法だと思う。

「戦略思考」を学び、目の前のプロジェクトで使いまくり、最速で、マネージャーに昇進し、次の年に「戦略ファーム」転職を開始する。

一度、コンサルファームを落ちると、2年受けられないといわれるし、事実、その傾向がある。

わけだから、腹を括って、全力で「戦略思考」を鍛えきったら、良いことがあります。

それは、

「目の前の」プロジェクトが、めっちゃ楽しくなります。

楽しくなることで、MDとの距離が近づき、プロジェクトを超えた付き合いのできる、師匠にであえる。クライアントも同じ。何か悩んだ時、あなたに「ファーストコール」をくれる関係ができてくるってもんです。

と、僕は想っています。

でも、もう、Mまで待てない、3年なんて・・・と思う方は、ケース面接を「トップ評価」されないと受からないので、まずは、「フェルミ推定」を徹底的に鍛えましょう。


悪魔のフェルミ推定
「フェルミ推定の罠」に書きたくなかったこと

コンサルファームへの転職対策のみならず、入社後にも使えるテクニックが満載。

詳細はこちらから


コンサルキャリアや、コンサル後のキャリアで、もう、今、悩んでいる! という方は、「無料相談」で、僕と、30分、話しましょう。

無料相談予約はこちらから

関連記事