立ち上がり期

「メールの件名」も最高の”思考の場”

 “思考を表現する場に限りなし”

コンサル流~開いてもらえるメールの「件名」の付け方とは?

本日は、悩めるコンサルタント、ひいては立ち上がり期のビジネスパーソンの方々に、メールの「件名」を活用した、思考の表現方法・チャームの出し方についてTipsをご紹介します。

考えるエンジンちゃんねるで動画でもご紹介しています。

https://www.youtube.com/watch?v=sz3Ms4ozCwQ 考えるエンジンちゃんねるより

受け取る人が “心躍る” メールの「件名」付けてますか?

実は、このネタ、実際に届いたメールの件名を見て、テンションが上がったことからの気づき。
今回のテーマのネタ元となったメールは、件名を見ただけで以下の条件を満たしてしまう素敵なものでした。

○ 思わず開けたくなる!!
○ 内容が想像しやすい!!
○ テンションが上がる!!

に、比べて、みなさんのメールの受信画面、こんな現象に陥っていませんか?

メールの件名の付け方

RE;だらけ・・・何のメールかは開いてみるまで分からない。。。

もし、あなたの上司がこんなメールの受信画面を毎日見ている中で、あなたが送ったメールを確実に上司に開いてもらうにはどうしたらいいでしょうか?

この画面だと、“RE: ” に追いやられた件名で、用件が想像できず、「まぁ、今、開けなくてもいっか。」と、上司は、後回しにしてしまいます。

もし、用件が想像できる件名であれば、上司は件名だけでメールの概要を想像することができ、開けてくれる可能性は高くなります。
↑ここに気付けるかどうか?が、動画のタイトルにもある「愛と想像力」

逆に分かりにくい内容であればあるほど、上司には用件が伝わらず、どんなに重要なメールであったとしても、開いてもらえる可能性は低くなってしまいます。

メールの「件名」は開いてもらえるかかどうかの重要な要素。

今回の動画は、それを踏まえた上で、チャームまで出しちゃおう。という内容です。

そう、メールの件名は、まさに、

「愛と想像力」の活かしどころ

だと叫びたい。

動画内では、具体的に事例を挙げて語っていますが、大事なポイントは・・・

「件名に一番大事な、メッセージ」

読んでもらいたいコトバをまず伝えること。

詳しくは、「届いた ♪心躍る♪ メールがどんなものだったか?」も含め、ぜひ、動画でお楽しみください。

https://www.youtube.com/watch?v=sz3Ms4ozCwQ 考えるエンジンちゃんねるより

関連記事